女性

食事にも気を遣って痛風改善|食事を楽しめる健康法

プリン体とカロリー

和食

食生活の乱れによって発症してしまう、厄介な病気の一つが痛風です。文字通り風による刺激が痛みになってしまう痛風を防ぐためには、食事の改善が一番です。プリン体と呼ばれる成分の摂取を抑え、塩分やカロリーも控えめにしましょう。

More Detail

一生ものの病気です

お知らせ

痛風は、尿酸が結晶化して足などに溜まり、激痛を引き起こす病気です。一度発症すると定期的に発作の激痛が起きるので、尿酸値を上げない生活を心がけなければなりません。日ごろから水分を多く摂り、おしっこで尿酸を体外に排出するようにしましょう。また、食生活もプリン体の少ないものを摂るように意識したいものです。

More Detail

食べ物の性質にも注目

サプリメント

避けるべき食べ物

痛風の痛みは、食品などに含有されるプリン体と呼ばれる物質が、身体の代謝機能による分解で発生する尿酸と呼ばれるものが原因となります。したがって、プリン体を含む食べ物は、そのまま痛風につながってきますから、食事で可能な限り摂取しないよう心がける必要があります。プリン体は、動物の肝臓を中心とした内臓系に多く含まれますから、鶏肉、豚肉、牛肉のレバーやあん肝、そして白子などの肉や魚介類の内臓系は避けるべきです。また、ビール酵母にも多く含まれていますから、避けるべきでしょう。さらにはアルコールには、尿酸値を上げる機能を高める性質がありますから、過剰摂取は禁物です。かつてぜいたく病と呼ばれた痛風ですから、食事の改善によって、症状は十分改善可能です。

バランス重視の食生活を

痛風の改善にも予防にも最も効果的なのが、ヘルシーでバランスの取れた食事です。そして、食べ物が酸性なのかアルカリ性なのかという部分にも注目するとよいでしょう。酸性の食べ物には肉、魚、卵、穀類、アルコールが該当します。塩素やリン、硫黄といったミネラルが含まれると酸性食品となりがちです。尿酸値は尿が酸性であることを意味しますから、これら過剰摂取した食事は痛風に繋がりがちです。一方で、アルカリ食品は、尿の酸性化を和らげますから、痛風の緩和に影響してきます。アルカリ食品とは、カルシウム、カリウム、ナトリウムやマグネシウムといったミネラルが豊富な食品です。野菜や果物、海藻、きのこ類、アルカリイオン水はこれに該当します。痛風の予防や改善には、アルカリ性の食品を積極的に取り入れることが大切です。

痛みを抑えるための工夫

サプリメント

痛風は、お酒が好きな人にとっては切り離せない病気です。プリン体の研究は日々進んでいますが、今も昔もプリン体の影響によって尿酸の結晶ができて痛みが生じることに変わりはないので、お酒を飲むときにはプリン体がなるべく含まれていないものを重用することが大切です。

More Detail