嬉しい顔のレディー

食事にも気を遣って痛風改善|食事を楽しめる健康法

一生ものの病気です

お知らせ

こんな病気です

痛風とは、プリン体という物質が代謝する尿酸が体内にたまり、それが結晶化して起こす関節炎です。プリン体を含む肉や魚を多く食べたり、アルコールの摂りすぎで尿酸が濃くなると溶解しきれずに体温が低い足などに尿酸塩として溜まり、結晶化し、激しい痛みを引き起こします。痛風の発作が起きるところは、ほとんどが親指の付け根あたりです。痛みはかなりひどく、靴はもちろん、靴下を履くのも辛かったりします。当然歩くのも片足を引きずって歩かなければなりません。痛風は一度発症してしまうと、完治するということがなく、何らかの原因で数年ごとに発作を起こす厄介な病気です。また、慢性化すると親指の付け根だけでなく、いろいろなところが痛くなります。

尿酸値を上げないこと

痛風の原因は、尿酸が濃くなってそれが結晶化することだと先に書きました。つまり、痛風を防ぐには、この尿酸の濃度を上げないように気を付けていなければならないのです。尿酸は尿から出ていくので、水分を多く摂り、ひんぱんにおしっこをするということを心がけましょう。尿酸は汗からは出ませんから、いくら水分を多く摂っても、大量の汗をかいておしっこをしなければ体の外に出て行ってくれません。スポーツ選手に通風の患者が多いのも、水分不足と、水分を汗で体の外に排出しているからです。また、プリン体を多く含む食品を食べるのは控えましょう。白身魚、豚肉などはプリン体を含んでいるので、食べる量を控えた方がいいでしょう。また、アルコールは肝臓で尿酸が作られるのを促進します。特にビールは良くないといわれています。ワインや焼酎は問題ないようなので、酒好きの方はビールは控え、ワインや焼酎にしましょう。