嬉しい顔のレディー

食事にも気を遣って痛風改善|食事を楽しめる健康法

痛みを抑えるための工夫

サプリメント

お酒が好きな人の対処

痛風は、高尿酸血症という病気を発症させることで引き起こされます。尿酸というのは、食べ物や飲み物に含まれているプリン体と呼ばれる物質が体内で作用して生じる物質なので、プリン体が多く含まれているものを摂取すると自然と尿酸が体内で多くなります。尿酸が多くなるとその尿酸の血症が関節に作用して強烈な痛みを引き起こします。こうした事情から、痛風で痛みを無くすためにはプリン体を大量に含んでいるものを避ければ良いことになります。特に、市販で購入することが可能なお酒に含まれていることが非常に多いです。近年は、プリン体の含有量に配慮して商品を作っている会社も増えていますので、そうした商品が痛風への対処として非常に高い人気を誇っています。

尿酸に関する研究

プリン体への配慮をしていたとしても、知らないうちに大量に体内にプリン体を摂取していると尿酸の結晶はできてしまいます。そして、尿酸結石ができてしまうとそれを取り除くのにかなりの痛みを伴うことになるので治療をするときには注意が必要です。ただ、近年はこうした尿酸に関する研究が進んでいて単純なプリン体などの摂取だけではなく結石ができないことも報告されています。中には、本人の遺伝的な要因によって尿酸結石ができてしまい、それが痛風の原因となることがわかっているので遺伝的な要因からの研究も進んでいます。痛風の診断方法に関しても、血液中の尿酸値とそれに加えて遺伝的な要因を調べる方法が主流になっていることを知っておくことです。