嬉しい顔のレディー

食事にも気を遣って痛風改善|食事を楽しめる健康法

プリン体とカロリー

和食

食べるものを工夫して

とくに足に発症することが多い痛風は、風が吹いただけでも痛さを感じるといわれるほどに強い痛みが出る病気です。そんな痛風は尿酸値が上がることが原因であるために、食事を工夫して尿酸値を上げないようにすると効果的です。また痛風はプリン体を摂取しないようにするのが効果的ですが、それだけでなくカロリーの摂取にも気を付けて、肥満にならないようにすることが大切です。それゆえにプリン体の少ない食材の摂取やバランスの良い食事も重要ですが、それだけでなく早食いやドカ食い、朝食抜きや夜遅い食事、ながら食いなどの乱れた食事をしないようにして、規則正しい食事をするようにしましょう。そうすることで肥満になりにくくなるので、痛風の予防や改善にもつながります。

食材の種類

痛風に効果的な食事内容としては、まずプリン体の多い食材の摂取を控えるとともに、暴飲暴食も控えるようにすることが基本です。プリン体の多い食材としては魚卵やレバー、干物やイワシなどがあり、飲み物ではアルコールはもちろんジュースなども果糖が多くて尿酸値を上げるため、できるだけ避けるようにしましょう。また塩分も痛風にとってはあまり歓迎すべき存在ではないため、ハムやソーセージなどの加工品や漬物などといった食材には気を付けるようにしましょう。そして尿酸の排出のために水分補給は多めにすると良いので、お茶や水などを積極的に飲むようにしてください。食事にはこのような特徴がありますが、こういった食事は他の病気の予防や健康になるためにも効果的なので、前向きに挑戦してみましょう。